top> 講座案内> ワイン教室の課題とご提案
ワイン教室の課題とご提案
ワイン教室の課題とそれへの提案
ワインを勉強しようと思い立ったものの、どのように始めればよいかと戸惑ったことはありませんか?

「本格的」にワインの勉強をするには、ワインスクールに通うしかないと言われてきました。しかし、ワインスクールには通ってみたものの、何かを得たという達成感を抱く前に挫折してしまう受講生が当たり前のようにいました。
それというのも、従来のワインスクールの講義内容は栽培や醸造などの専門的知識を紹介することに重きを置くため、受講者がリアリティを抱きにくいという課題を抱えていたからです。

これらの専門的知識は、ワインを造ろうとするなら、あるいはワインを商おうとするなら、不可欠のものです。また、ワインを深く理解する上でも、有効であることは間違いありません。

とはいえ、まず私たちはワインの美味しさを愉しむ消費者であるという立場を優先するのであれば、はじめに私たちが求める情報は、専門的知識に裏打ちされつつも、生活に根付いた視点で整理されなおしたものであるべきです。

現在、有名銘柄を中心にワインの値上がりが著しいことは、皆様もご存知かと思います。ワインの販売量が伸び悩むなか、悲しいことに値上げに頼るだけで、売上を保とうとする業者も見られます。

このような風潮のなかで、従来のワインスクールもワインの愉しさを語るより先に、ワインはどれだけすごいかを強調して、値段の正当性を訴えることに躍起になっています。

ワインを愉しもうとしている皆様であれば、このようなスタイルが皆様に相応しいかどうかは、ご判断いただけると思います。

私どもの教室では、ワインを暮らしのなかに上手に取りいれ、そこから愉しみや悦びを創りだすことを目的に掲げています。知識や技術の提供はそのために行うものと考えているので、いままでのワインの勉強に比べて、もっとリアルで愉快なものになります。

私たちの教室のクレド(信条)

小人数のアット・ホームな時間

私どもはご参加いただいた皆様との密接なコミュニケーションを図りたいと望んでいることから、原則的にひとクラス12名までの小人数での運営を行っています。

生産地の生の声をダイレクトに

私どもの教室でお話しする内容は、市販されているテキストを見れば書いてあるようなことではありません。ご参加いただいた皆様に、生産地の生の声をダイレクトにお伝えすること、あるいは彼らとの交流を通して私どもが感じ取った印象をお伝えすることを大切にしています。

個性的なワインのラインナップ

試飲するワインのラインナップは、私どもが本当に美味しいと納得したもので、基本的に構成されています。それらの多くが主宰やその協力者が長年に渡って蓄えてきたもの、あるいは生産者から私どものために提供していただいたものになります。

世界で最も美しいカリキュラム

ワインと上手に付きあうのに必要な知識を体系的、整合的にまとめており、効果的なカリキュラムを実現しています。ご参加いただいた皆様の興味を損なわないことをお約束いたします。

磨き上げられた曇りのないグラス

ワインを上手に愉しむためには、試飲をこなすだけでなく、みずからがワインに関わる様々なことを執り行えるようになることが大切です。私どもではこのような考え方から、ご参加いただいた皆様にも準備や片付けへのご参加を歓迎しております。

何よりも納得のできる料金設定

当教室では生産者や輸入会社からのご協力に加えて、参加者の皆様による運営へのご協力をいただくことにより、受講料を比較的低めに設定させていただいています。一方、ご試飲いただくワインのグレードは高めに設定してあります。

講座日程表プリント

講座 Q&A

プライバシーポリシー

リンク情報

facebook ReaderStore